昨日のブログで『沈める寺(ドビュッシー)』について書きました。
 今日はその関連(ドビュッシー繋がり)で今は亡き冨田勲さんのアルバム『月の光~ドビュッシーによるメルヘンの世界』について書きたいと思います。この冨田勲さんのデビューアルバムは、発売当初はLPレコードでした。確か高校1年生の時だったと記憶していますが、何度も聴きいて盤に傷がついたりしたので、CDアルバムを2015年に購入しなおしました。
FullSizeRender
 ピアノ曲として知っていた曲が、モーグⅢ(シンセサイザー)を駆使して、何とも衝撃的な曲に生まれ変わっていました。「月の光」の幻想的な世界「雪は踊ってる」の楽しそうな風景が目に浮かぶ世界、そして、昨日のブログで書いた「沈める寺」の深く大きな世界、本当に衝撃的でした。「亜麻色の髪の乙女」は楽譜からは想像できない音色のパレットが広がった世界を作り上げています。
FullSizeRender
 「雪の上の足跡」も音楽に温度があるように雪の寒さを感じ取れる世界があります。
FullSizeRender
 オーケストラや吹奏楽にない色彩豊かな世界が、高校生の私には一気に広がって行きました。
  衝撃を受けたと言えば、話が少し変わりますが、E.L&P(エマーソン・レイク&パーマー)の1971年のアルバム『展覧会の絵』も衝撃的でした。もちろん、冨田勲さんの『展覧会の絵』のLPも購入して何度も聴きました。これもCDアルバムを購入し直しました。
FullSizeRender
左右に音が移動するのがよく分かる「チュイルリーの庭」「キエフの大門」などが特に好きです。
 また、『宇宙幻想』『火の鳥』『惑星』などのCDアルバムも楽しめました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
 時には、オーケストラや吹奏楽の世界を離れてみるのもいいかなと思っています。